屋根は⾵⾬や直射⽇光から住宅を守る最も重要な場所です。
知らないうちに屋根は傷んでいっています。
お住いの寿命のためにも、ご家族の健康のためにも早期点検と、早めの修理が⼤切です。

屋根⼯事/⾬どい⼯事

住まいを守る屋根は早期点検が何よりも大切です

日本瓦

主な傷み

  • ズレ、割れ
  • 棟のしっくい剥がれ


スレート屋根

主な傷み

  • 色あせ
  • コケ、カビの発生
  • 割れ


セメント瓦

主な傷み

  • ズレ、割れ
  • 色あせ


トタン

主な傷み

  • 塗膜のはく離
  • サビの発生


カンタン屋根チェック

あなたのお住まいの屋根
どんな状態ですか?
  • 最近、⾬漏りした。
  • 天井や壁にシミや斑点がある。
  • 今までに、屋根の点検・補修をしたことがない。
  • 屋根にソーラーや室外機が置いてある。
  • 部屋が湿っぽい
  • 屋根材にワレ・ズレ、または、たるみがある。
  • 屋根材の色が変色している。
  • 軒先部が曲がっていたり、裏側にシミがある。
  • 固定釘が浮いていたりサビやコケがある。
  • 屋根⼯事などの電話勧誘や営業増えた
ひとつでも該当するものがあれば、
無料屋根診断を受けられることを
お勧めします。

施工の流れ

屋根葺き替え工事の場合

古い瓦を下ろし、下地を作り直して葺き替えます。

屋根カバー⼯法(重ね葺き) の場合

古い屋根をはがさずにそのまま重ねていきます。

東洋建設の工事メニュー

屋根カバー⼯法

Before
After
カバー⼯法(重ね葺き)は、現在の屋根の上に、防⽔シートと新しい屋根材をかぶせる⼯法です。
これまでの屋根を解体しないので、廃材がほぼ出ないため、リフォーム全体にかかる費⽤もお安くなります。
⼯期も短く、⼈気の屋根リフォームです。
既存の屋根と新しい屋根の⼆重構造になるので、断熱性や遮⾳性がアップします。
ポイント
屋根の下地や内部が劣化している時は、その上から新しい屋根をかぶせるだけでは危険なため、まずはしっかり補修をします。
耐震性に影響すると⾔われていますが、基本的に⼤多数の住宅では問題ありません。
しっかりと診断をして、最適な⼯法で施⼯を⾏います。
屋根工事商材

※掲載以外の商材・各メーカーにもご対応しております。

屋根葺き替え⼯事

Before
After
既存の屋根材を全て撤去して、新しい屋根材に葺き替える⼯事です。
屋根葺き替え⼯事は、野地板や防⽔シート、下地のメンテナンスや補修ができるため、住まいの安全性も⾼くなります。
劣化が激しい場合や、下地の⽼朽化が考えられる際にも、葺き替え⼯事を⾏いましょう、
日本瓦、ROOGA(ルーガ)、ガルバリウム鋼板、ストレート屋根材(カラーベスト/コロニアル)など、
様々な屋根材の葺き替えを⾏っています。
ポイント
葺き替えで変わる屋根の重量︕軽い素材のスレート屋根やガルバリウム屋根に葺き替える場合には、建物の軽量化により、耐震性の向上も期待できます。
しっかりと診断をして、最適な⼯法を判断して施⼯を⾏います。
屋根工事商材

※掲載以外の商材・各メーカーにもご対応しております。

⾬どい⼯事

Before
After
⾬どいは、屋根の⾬⽔を集⽔して地上に排⽔する役⽬をしています。
家の耐久性を維持するために不可⽋となる⾬どいの故障は、お住まいへのダメージへ直結するため、
ゆがみ、外れなどの修理や、交換等しっかりしたとメンテナンスが⼤切です。
⾬⾳が不⾃然に感じたり、建物の周りに溝が出来るようになった場合は、何らかの故障が発⽣している可能性があります。
リフォームやメンテナンスのタイミングとお考え下さい。
ポイント
⾬どい全体を交換することになると、⾜場設置が必要になることがあります、外壁塗装や屋根リフォームをされる際に、⾬樋の点検をお勧めします。
⾬どい商材

※掲載以外の商材・各メーカーにもご対応しております。

棟板金工事

Before
After
棟板⾦とは、屋根の⼀番⾼い場所にある板⾦の事です。
ストレート屋根やコロニアル・⾦属屋根に使⽤されています。
棟板⾦は棟板⾦釘打ちコーキング・貫板交換⼯事・棟板⾦交換⼯事があります。
屋根の内部に⾬⽔の侵⼊を防ぐためかぶせられていますが、釘が抜けることにより劣化が始まり、徐々に⼤きな劣化に繋がります。
抜けた釘をそのままにしておくと、 貫板の腐⾷が始まり、棟板⾦が⾵で⾶ばされてしまうことがあり危険です。
棟板⾦が⾶ばされると、直接⾬が当たり⾬漏りの原因になります。
そうならないために、釘が抜けるのを⾒逃さないようにし、劣化を防ぎましょう。
ポイント
抜けた釘から貫板に⾬⽔が伝わり腐⾷が始まります。屋根材にも影響するので、棟板⾦の劣化を防ぐには、屋根点検をして釘の状態を確認しましょう。
また、⾜場費⽤がかかるため、塗装や屋根⼯事時に⾏うことをお勧めしています。

漆喰工事

Before
After
⽡を固定し⽀えているのが漆喰です。
漆喰は⽡よりも経年劣化が早く、補修機会の多い箇所です。
漆喰が崩れたり、剥がれたりしていると⾬漏りの原因となります。
漆喰の劣化は⽡のずれや落下に繋がるため、定期的に点検や補修が必要です。
ポイント
漆喰が剥がれて、ほとんどなくなってしまっているなど重症な場合は、棟⽡撮り直し⼯事が⾏われます。
点検を⾏っていれば、漆喰詰め直し⼯事で済むため定期的に点検をされることをお勧めします。

防水工事

Before
After
防⽔⼯事とは、建物の屋上(陸屋根)・外壁・ベランダ・バルコニーなど、漏⽔を防ぐための⼯事だけではなく、紫外線や雪からも建物を保護する⼯事の事を⾔います。
⻑い年⽉が経つと建物には様々なヒビや⻲裂が⼊ります、⽔分が建物内部に侵⼊してしまうと、
⽊造住宅にとっては⼤切な梁や柱を腐⾷させ、鉄⾻では⾻組みにサビが出るため強度が弱くなります。
防⽔⼯事には施⼯箇所、状態によって様々な⼯法種類があるので、適材適所の施⼯を⾏うことで⾬⽔などから建物を守ります。
ポイント
定期的なメンテナンスをすることで⾬漏りなどの被害を防ぐことができます。
早めのチェック、対応を⾏う事で、防⽔層だけでなく建物の寿命を延ばすことになります。
また、防⽔層が変⾊や破れ⻲裂が発⽣しているようなら早急なメンテナンスが必要でしょう。
定期的な防⽔⼯事が結果的に費⽤を抑えることに繋がるため、是⾮⼀度調査・点検をおすすめします。

防⽔⼯事の種類
FRP防⽔⼯事
FRPとは、繊維強化プラスチックの略称です。防⽔層が軽くて丈夫、耐熱性が優れ、劣化やサビにも強いです。他の防⽔材と⽐べても軽く、重量にも耐えられ、摩耗に強いため上を⼈が歩いても、なかなか剥がれません。
そのため主にベランダに使⽤されています。定期的なトップコートの塗り替えをすることで、防⽔層を劣化から防ぐことが出来ます。
塩ビシート防⽔⼯事
塩化ビニル樹脂系のシート状の材料1枚で構成された防⽔層です。
屋外での⽇光による紫外線、熱、オゾンに対し優れた耐久性を持っています。
塩ビシートは仕上がりが美しく、⻑期にわたり、防⽔⼯事施⼯時の状態・鮮やかな⾊彩を保ちます。
ウレタン塗膜防⽔⼯事
防⽔⼯事の中でも最もポピュラーな⼯事です。
液体状の材料を使って現場で仕上げる⼯法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ⽬のない完全な防⽔膜を加⼯できます。
定期的なトップコートの塗り替えをすることで、防⽔層を劣化から防ぐことが出来ます。

屋根工事、外壁塗装、外装工事、エクステリアなど、
お家に関するお悩みをまずはお気軽にご相談ください!

このサイトを共有する